OSSへの取り組み

オープンソースソフトウェア(OSS)は今や、社会インフラを支えるIT基盤の不可欠な要素となっています。一方で企業システムへのOSS導入に際して、依然として情報不足、サポートへの不安といった懸念が先行しがちであるのも事実です。
SCSKでは、利用技術と開発技術との両面からOSSの振興・活用促進に努めています。

PAGE TOP