ライトニングトークtokyo2019-12

2019.12.19.Thu

2019年度8回目のライトニングトークは東京で開催されました!
当日は、前座で会場を温めてくださる方や飛び入りでライトニングトークをしてくださる方など多くの方にスピーチしていただきました!
会場も超満員で終始大盛り上がりのライトニングトーク東京となりました。
登壇してくださった9名の皆様、有難うございました!

<前座>: 中尾 将志さん


ライトニングトーク東京が始まるまでの間は中尾さんがトークをしてくださいました!
会場のテンションは一気に急上昇です☆


M5Stack で遊んでみませんか?:大口 聡さん


自宅には、ラズパイ(初代~Zero W)、Arduino とその互換ボード、WioLTE(STM32)…
と無数のマイコンボードを保有するJIECの大口さん。
最近、買い集めているのが「M5Stackシリーズ」
なぜ、そんなに夢中になるのかその秘密を大口さんが作成したアプリを交えて紹介しました。


n個の言語でfirebaseを使ってAPI or アプリを作成してみた:青島 翼さん


大学時代から第7か国語まで専攻していた青島さん。
仕事では、基本的にはJavaScriptベースで開発をしますが、「firebaseを使ったAPIやアプリ」を
JavaScript(Node.js),Java,Python,Go,Kotlin,Swiftなどで作ってみました。


忘年会 ~DataVは盛り上げる??~:青木 琢人さん


2017年入社の青木さん。忘年会を盛り上げるためには「投票システム」が必要!
そこで、Alibaba Cloudの可視化ツールの「DataV」を使って構築。仕様も忘年会の様々なトラブルを想定しました。
果たして、忘年会は盛り上がったのか!?


そのメール受信方法ではセキュリティ事故が発生する:山下 雅喜さん


「なりすましメール」を受け取った時の現在の対策では不十分であると心配する山下さん。
システムを構築する側、メールを送信する側でどのような対策が必要であるか、ということを具体的に提案してくれました。


実践AWSサーバレスアプリケーション開発~アプリ基盤編~:梶川 泰成さん


コネクティッド事業のためのサービス開発を行っている梶川さん。
自身の経験を踏まえて、サーバレスアプリケーション開発事例を説明してくれました。


現在急成長中の“技術同人誌"イベントに参加した話:毛利 守男さん


新しい技術の話に出会えると、最近、注目が集まっている「技術同人誌」。
今回、この執筆・販売に初挑戦した毛利さん。「技術同人誌」の魅力を熱く語りました。
果たして初執筆の本は売れたのか?


"DevRel"って知ってますか?:木澤 朋隆さん


SORACOMのイベント参加回数がNO.1の木澤さん。
「DevRel(Developer Relations)」がなぜ、注目されるのか?
DevRelの3つのフレームワークでわかりやすく解説。今後、必要となるものは?


飛び入りでライトニングトーク!:原田 啓司さん


最近、「なんか作ろうの会」という同好会を立ち上げた原田さん。
『今日、LTで聞いた技術をいつ触りますか?』
関心のある方は是非ともご参加ください!「Let’s Create Something」


参加者の方々からいただいたコメント


PAGE TOP