テクのこ2019 東京

『テクのこ』は、さまざまな技術を用いて、アイデアを動くモノにし、その技術の面白さ、楽しさ、さらに創意工夫の素晴らしさを体験することを目的としたSCSKグループの技術コンテストです。

東京地区で5回目の開催となる今回の「『テクのこ』東京」には、SCSKグループ各社から17名の社員の皆さんが参加し、それぞれ自分と技術の可能性に挑みました。

 

社員チーム

テクのこ賞 チーム『Kanpai Sense』

グラスの空き状況を自動検知するアプリ。飲み終わったグラスの底のQRコードを読み取り、店員のスマホやスマートウォッチに通知を送ります。これがあれば上司のグラスの空き状況を気にせずに飲み会を楽しむことができ、お店側としても余分な巡回を削減可能で、まさに一石二鳥、一挙両得!

チーム『マラソン、ハッカソン走らな損・東京2020』

FitbitやGoogle Home Miniを活用した「ランナーサポートくん」。ランナーの心拍と水分補給状況を検知し、的確なアドバイスでサポートします。東京マラソン2020に挑戦するチームメンバーに向けて作ったという心温まる話に、会場もほっこりしました。

チーム『YO(ワイオー)』

音声をテキスト分析して傾聴を行うアプリ「AI傾聴さん」を開発。スピーカーから音声をテキスト化し、Azure Text Analyticsで感情を分析、感情に合わせて生首(人形です)がアクションします。デモではチームリーダー吉田さんのその日の気持ちに合わせ、ガ○キーが一生懸命に相槌を打ってくれるパフォーマンスを披露!

チーム『わかるんです』

気持ちを汲み取ってオープンにしてしまうちょっとおせっかいなシステムを開発。JINS MEMEの装着者の挙動を検知し、M5Stackに装着者の感情を表示するとともにGoogle Homeから的確なコメントが返ってきます。デモでは歓迎会なのに主役がつまらなくなってしまった状況を披露。ギスギスした場の空気を和やかに改善しました。

コンテンツ

テクのこ

過去の
開催

過去の開催

PAGE TOP