技術特集

実践!深層強化学習 ~ ChainerRLとOpenAI Gymでイチから作る ~

R&Dセンター 技術開発部 AI技術課 齋藤 滉生
近年、様々な分野において人間がAIに負けるというニュースが世間を騒がせています。これらのAIの中核技術の1つに”深層強化学習”と呼ばれる機械学習手法があります。
深層強化学習は”事前に学習データを準備する必要がない”というメリットがあり、注目を集めています。ただし、解決できる課題は限られており、適用できるかどうかを判断する必要があります。
この連載ではChainerRLとOpenAI GymというOSSを用いて、深層強化学習の特徴を解説しながら実装していきます。

詳細を読む

Ansible “大解説” ~ Ansibleでラクラク環境構築 ~

R&Dセンター 技術開発部 次世代技術課 ITスペシャリスト 宇野 陽一朗
たくさんのサーバやネットワーク機器、クラウド等、インフラ環境の設定を短期間で実施しなくてはならなくて大変!話題のAnsibleを使って自動化したいけど、どうすればいいんだろう?そんなあなたに、本記事ではAnsibleの導入から、クラウド等が操作できるようになるところまで、すぐに使えるサンプルを交えて簡単に使い方をご紹介しようと思います。
さぁ、あなたも今日からAnsibleを使った今どきのインフラ構築を始めましょう!!
※Ansibleは、米国Red Hat, Inc. の米国およびその他の国における登録商標もしくは商標です。
その他、本コンテンツ内で利用させて頂いた各プロダクト名やサービス名などは、各社もしくは各団体の商標または登録商標です。

詳細を読む

TensorFlow + Keras 入門 ウチでもできた!? ディープラーニング

R&Dセンター 技術開発部 AI技術課 古林 隆宏
いまやOSSを用いて誰でもディープラーニングが始められる時代になりました。ある日突然「例のシステムにAI機能入れてよ」と言われてしまう。そんな事態があなたの身に起こるのは明日かもしれません。
この連載では、誰もが知りたいディープラーニングの始め方から、意外に見落とされがちなお堅いシステムとの連携方法まで、実際のコードを交えて解説していきます。対象とするOSSとしては、実装の手軽さに定評のあるKerasと、不動の人気を誇るTensorFlowをメインに、日本語の情報がまだまだ少ないTensorFlow Servingについても使用法を解説します。
※TensorFlow, the TensorFlow logo and any related marks are trademarks of Google Inc.
その他、本コンテンツ内で利用させて頂いた各プロダクト名やサービス名などは、各社もしくは各団体の商標または登録商標です。

詳細を読む

Zabbix大解説 インストール方法から機能まですべてが分かる

R&Dセンター OSS戦略企画室 OSS技術第一課 ITスペシャリスト 田中 敦
ZABBIX-JPというZabbixのユーザーコミュニティのスタッフでもあるSCSK株式会社 R&Dセンター OSS戦略企画室の田中 敦がインストールの方法から機能の詳細まで、Zabbixのあれこれを分かりやすく解説します。
※Zabbixはラトビア共和国にあるZabbix SIAの商標です。

詳細を読む

React.jsでOSS Radar Scopeを再実装する

R&Dセンター SE+センター SE+推進部 システム開発課 岩本 次郎
今年の3月に当社内で勉強会が開催されました。3人から4人でチームを組み、当社が公開しているOSS Radar Scope®を題材にしてなんらかのアウトプットをインプリメントするという趣旨の勉強会です。我々のチームは話し合った結果、OSS Radar Scope®の一部を再実装することとなりました。わたしはかねてから気になっていたReact.jsを利用したかったので、チームメンバーに無理を言ってフロントエンド部分を担当させてもらいました。限られた時間でしたが、React.jsを利用し、実装の考え方としてFluxを適用、さらにJava8のNashornを用いてサーバサイドレンダリングを行っています。十分に先進的な開発手法なので、その際に得られた知見を共有します。

詳細を読む

PAGE TOP