OSS X Users Meeting #33 「オープンソースが創造する未来」オンラインイベント3月23日開催!【参加費無料】

イベント概要

OSS X Users Meetingは"旬な、注目のOSS"をテーマとして、開発コミュニティの当事者とこれからOSSを学びたい人との交流・相互理解を通じて、共に見識を高めるための勉強会シリーズです。
今年度のOSS X Users Meetingは“OSSから見通すテクノロジーの現在未来”のシリーズとして、最終回は”オープンソースが創造する未来”をテーマに開催いたします。

ソースコードの修正と頒布を認め、世界の人々に広く利用されるOSSは、多様なエコシステムの中で成長を遂げ、今日のテクノロジーの発展に大きく貢献してきました。そして、そのテクロジーが組み合わさり、自動運転・MaaS・スマートシティ・シビックテックなどのように、我々の生活やビジネスの未来を創造しています。
今回は、
・テレビ東京「ガイアの夜明け」など、自動運転について多数のメディア出演や講演をされている下山哲平氏
・都市OS「FIWARE」を使って地方自治体とのPoCやコラボレーションの知見が豊富な菊地俊介氏
・のちの「Code For JAPAN」へ至る日本のシビックテックのムーブメントの草分け的存在である福野泰介氏
といった、様々な知識と経験を持つ方々にご登壇頂く事になりました。

開催概要

日 時 2022年3月23() 14:30~18:00 ( 開場 14:20)
※セミナー 14:30~17:10 / 交流会 17:10~18:00
※セミナーの途中からでもご参加可能です。
開催形式 オンライン(Zoom Webinar)開催
※お申込み後、開催前日までに接続情報をご連絡いたします。
申込方法 セッションの視聴を希望される方はページ下の「申し込み」にて、お申込みください。
※1セッションでもご希望があればお申込みください。

タイムスケジュール

時間帯 内容 講演者
14:30 - 14:40 開会・ご挨拶
14:40 - 15:25 自動運転・MaaSを取り巻く最新ビジネス動向
~巨大市場にある収益機会を考えるとオープンソースの必要性が見えてくる!?~
自動運転およびMaaSに関する「ビジネス」と「マネタイズポイント」にフォーカスし、『裾野の裾野』をキーワードに解説いたします。ビジネス視点で自動運転を見ていく事で、最新モビリティビジネスとオープンソースとの親和性についても理解して頂けます。
下山 哲平氏
株式会社ストロボ 代表取締役社長、自動運転ラボ発行人
15:30 - 16:15 スマートシティ向けOSS「FIWARE」とデータ流通の展望都市OSとも言われる、スマートシティ向けOSS「FIWARE(ファイウェア)」が近年普及してきています。
FIWAREはスマートシティ等のシステムを実装する際に使えるOSSですが、同時にデータをやり取りするためのデータモデルや通信方式を定めている標準でもあります。FIWAREとはどのようなもので、何ができるのか、その概要をご紹介するとともに、FIWAREを利用したデータ活用やその流通に関する現状と今後の展望について解説いたします。
菊地 俊介氏
さくらインターネット研究所 上級研究員
16:20 - 17:05 OSS × オープンデータ × こどもシビックテックjigブラウザ開発をきっかけにW3Cに加入したことで出会った「オープンデータ」。
鯖江市長へ提案してスタートした日本の「オープンデータ都市」は、ついに2021年、全中規模都市へ広まるに至りました。オープンデータを使った楽しいオープンソースなアプリづくり「一日一創」も開始から丸10年。ものづくりの楽しさを広めるプログラミングクラブネットワーク(PCN)や、オープンソースを活用した「こどもシビックテック」の取り組みについてもご紹介いたします。
福野 泰介氏
株式会社 jig.jp 取締役会長、オープンデータ伝道師、IchigoJam 開発者
17:05 - 17:10 閉会・ご挨拶  杉坂 浩一SCSK R&Dセンター センター長
17:10 - 18:00 交流会  

※1セッションには質疑応答5分を含みます。セッションごとに5分間の休憩を挟みます。
※スケジュールは変更となる場合があります。

交流会

セミナー終了後、オンラインでの交流会を予定しております。 
本交流会では講演者の方にも参加いただきますので、
ぜひ、情報交換やネットワーキングの機会としてお気軽にご参加ください。

お申込み方法

connpassサイト(こちら)からお申込みください。
お申込み期限:2022年3月23日(水) 14:30

参加方法

Zoom Webinarによるオンライン開催となります。
イベント参加用のURLは、開催前日までにメールにてご案内いたします。
・イベント参加時、他の参加者から顔と名前は見えません。
・PC、スマホ、タブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
・事前に視聴環境の確認をお薦めしております。
これまでにZoomをご利用いただいたことがない方は、
こちらのZoomの接続サイトより接続可否をご確認ください。

ご参考

過去の開催レポートについては以下をご参照ください。

PAGE TOP