研究開発

注目する技術領域

SCSKでは、将来お客様の事業や一般消費者の生活に活用される新技術に対する調査・検証や、実用化のための技術開発を行っております。近年特に注力して取り組んでいるのは、分散化やインテリジェント化など技術をベースとした、サイバー空間と実世界を融合するCPS(サイバーフィジカルシステム)の領域です。 当社では、これら技術の一つ一つの有用性を高めるのみならず、 技術を組み合わせたアプリケーションを開発することによりCPSを実現してまいります。

XR(クロスリアリティ)
VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)により、企業活動から日常生活にいたる体験の変容が期待されます。
BlockChain
ブロックチェーン技術をベースとして脱中央集権のセキュアなデータ管理が期待されます。
Local5G/MEC
高速大容量・多数同時接続・低遅延といった5Gの特長を活かし企業独自のネットワーク環境を構築する事でビジネスの高度化へ寄与します。
研究開発詳細 →
自然言語処理
音声や文章といった自然言語を抽出・分類・活用し業務効率化やビジネスの高度化へ寄与します。
研究開発詳細 →
FPGA(Field Programmable Gate Array)
書き換え可能な論理回路(FPGA)は、専門特化した高速処理やエッジ処理に適し、データの利活用の幅を広げるソリューションの実現を可能します。
量子コンピューティング
従来型コンピュータでは困難であった複雑で膨大な計算を高速に処理する事が期待されます。
研究開発詳細 →

Left Menu Icon